【モリンガ茶】効能や効果ご紹介。~ダイエットに良い。オイルも人気~

   

モリンガ茶の効能や効果に関して御紹介したいと思います。身体を健康に保つという事は、そのまま美容効果を高める事に直結していると言う事が出来ます。暖かい気候の中で太陽と土の栄養分を沢山吸収した「モリンガ」には、綺麗になれる栄養分がギッシリ詰まっております。其れをお茶にして引き出し美味しく頂いてしまおうっ!!というのがモリンガ茶です。

モリンガの基本情報

モリンガは、ワサビノキ属ワサビノキ科の多肉質の落葉樹[※1]です。

またインドの伝承医学であるアーユルヴェーダ[※2]でもメディカルハーブの1つとして記されています。

また香りのよい、黄色がかった白い5弁の花が咲き、大きくぶらさがった豆のようなさく果が実ります。このさやが45 cmにも達する

モリンガの種子から採れるオイルが含まれていたといわれています。

長鎖脂肪酸[ 魚油の成分であるエイコサペンタエン酸、大豆油やコーン油などのリノール酸、オリーブオイルのオレイン酸などに含まれる。]が多く含まれていることから、肌に優しく、フランスでは高級化粧品として利用されています。

その他にも、根や茎などにも栄養がタップリ含まれており、植物全体を栄養食品として使用する事が出来るアリガイ植物なのです。

モリンガ茶の具体的な成分

モリンガには、お肌を綺麗に保つのに重要なビタミンAやC、β-カロテンが多く含まれております。その他にもカルシムやカリウム、鉄分等のカルシウムもバランス良く豊富に含んでおります。

素晴らしいモリンガですが、栽培が案外簡単な事もあり、お値段はそう高くございません。高くて効果の有無が疑問視される並みのサプリメントを使い続けるなら、モリンガ!!が御勧めです。

炎症抑制効果・効能

・非ステロイド性の鎮痛剤であるインドメタシンと同様に作用することが報告されています。(ラットを用いた検証結果より)

・免疫系細胞の反応を抑制して、気道の炎症を抑える効果が報告されています。また、ぜん息に対して効果があるとされています。(β-シトステロール成分による)

抗菌効果

・胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因ともなるピロリ菌に対する効果が有ると言われております。(含んでいるイソチオシアネート類による。)

・食中毒の原因菌のコレラや大腸菌、黄色ブドウ球菌の3種の細菌に対し、抗菌作用が有ると期待されている。(含まれる水やエタノール抽出成分より)

まとめ

以上、如何でしたでしょうか?ゴーヤもそうですが、沖縄の方の気候に適しておりお日様の下で青々とスクスク育つ植物には、栄養がタップリと含まれており、美容に良い植物が多いですね。

今後も熱帯で元気な植物には注目して行きたいと思います。「モリンガ茶」御勧めですので皆さまも是非試してみて下さい

ネットオフ、携帯・スマフォ買取

 - ダイエット効果が期待出来るもの, 健胃作用・効果が期待出来るもの, 美肌効果が期待出来るもの, 腸内環境整理の効果が期待できる