【菜の花・アブラナ】効果・効能、薬膳的使用法紹介~美肌効果~

      2016/03/04

4月になり、暖かい季節になると黄色い花をつけた菜の花畑が季節のを感じさせる代表的風景とも言えます。日本では、冬から春にかけての季節料理としてお浸しやお味噌汁、ゴマ和え等にして食べられます。

菜の花には、Bカロテンが豊富に含まれており、抗がん作用や免疫賦活作用(フカツサヨウ:物質の機能・作用を活発化すること)に優れているほかに、体内でビタミンAに変換され、視力や粘膜、髪の毛や皮膚の健康維持、呼吸器系統を保護してくれる事を期待できます。

また、栄養分も豊富に含んでおり、カリウムやカルシウムやマグネシウム、更に鉄等が多く、骨を生成することに大変役立つことから、骨を強くする必要がある方は是非御参考下さい。

中国の以外においては、血液をサラサラにしてくれる効果があるとされ、肌荒れやシミなどが気になる方には、良いとされています。食物繊維も多く含んでおりますので便秘や大腸癌の予防などにも一役かってくれそうです。

きれいな黄色い花は、料理に彩りを添えてくれると共に春を感じさせてくれる菜の花。食感もさることながら、便秘対応などの整腸作用もあり、血流の悪さにも効果が期待できますので、美肌効果も期待できますよ。ぜひぜひお試し下さい。

ネットオフ、携帯・スマフォ買取

 - 抗癌効果が期待出来るもの, 肌荒れ改善効果が期待できるもの, 腸内環境整理の効果が期待できる